So-net無料ブログ作成
検索選択

医療関係者から薬品調達=国内外から入手か―覚せい剤密造・警視庁(時事通信)

 風邪薬から覚せい剤を密造したとして、イラン国籍の溶接作業員アリ・バフィ・モハマド容疑者(46)ら2人が逮捕された事件で、同容疑者らが国内の医療関係者から原料となる一部の薬品を調達していたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。
 警視庁組織犯罪対策5課は国内外から覚せい剤の原料を調達し、密造していたとみて入手先を調べるとともに、販売ルートも解明する。
 捜査関係者によると、同容疑者らは都内の医療関係者の男性から薬品を譲り受けていた疑いがあり、同課は男性の関係先を家宅捜索。男性の薬品の使途に対する認識を調べている。
 相模原市にある同容疑者宅の屋根裏部屋では、鼻炎薬やせき止め薬の多数の空き箱、未使用薬を押収している。
 屋根裏部屋は改造されており、通気用の窓や換気扇を設置。室内にはビーカーやフラスコ、温度計などが整然と並んでおり、器具だけで100点以上を押収した。
 製造マニュアルはノートにペルシャ語で書かれており、同庁科学捜査研究所は10日、実際にマニュアル通りの手順で製造できるか再現実験をした。 

【関連ニュース
〔写真特集〕違法薬物〜密輸、栽培の実態〜
自宅で大麻栽培=ベトナム人を逮捕
風邪薬から覚せい剤密造=容疑でイラン人2人逮捕
バレー元日本代表を逮捕=覚せい剤所持の疑い
暴力団会長、生活保護費を不正受給=466万円詐欺容疑で逮捕

介護、医療を柱に雇用創出 菅首相の経済政策見えてきた(J-CASTニュース)
小沢前幹事長、人事に不満ながらも当面様子見?(読売新聞)
菅首相会見速報(4)「官僚こそプロ、その力使って政策進める」(産経新聞)
「なぜ起きたのか」「忘れないで」=安全な街願う―秋葉原無差別殺傷から2年(時事通信)
当麻寺西塔は飛鳥時代の創建? 橿考研が新説(産経新聞)
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

六兵衛

qawsed.info/art/y3yzxb4
俺の暴れん棒貸してやったら8万くれた!!
by 六兵衛 (2010-06-17 10:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。